ソーシャルレンディングで社会貢献しよう!社会インパクト投資とは?

こんにちは。ともよです。私は2017年5月からソーシャルレンディングで200万円を運用中です。今回はソーシャルレンディングでも社会的意義の大きい案件を取り扱っている会社についてご紹介します。

f:id:sakurA:20180807004813j:plain

ソーシャルレンディングとは?

お金の貸し手と借り手を繋ぐサービスです。少額の場合は1万円から貸し出しが可能で、年利は大体5%、高ければ10%を超えるものもあります。 

通常お金を誰かに貸すためには貸金業のライセンスが必要ですが、ソーシャルレンディングは、あくまでもファンドの立ち位置を取っていて、ソーシャルレンディング会社が集めたお金を運用している扱いです。

そのため、貸金業に該当しないよう、貸し出し先は詳細には明かされません。

社会インパクト投資とは?

社会的インパクト投資とは、財務的リターンと並行して社会的(もしくは)環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資である 

出展:Global Impact Investing Network

インパクトが何かわかりにくいですが、要するに何か社会的に意味のある案件に投資して、お金以外の価値も産みましょうってことですね。

具体的には、発展途上国の女性起業家を支援するためのファンド、カンボジアの農家をマイクロファイナンスで支援するファンドなどがあります。

ソーシャルレンディング×社会インパクト投資 おすすめ会社

投資をするにしても何か社会的に意味のあることに投資したいですよね。そんなあなたにオススメなソーシャルレンディング会社をご紹介します。

1位 クラウドクレジット 

ソーシャルレンディングで社会的インパクト投資といえば真っ先に浮かぶのがクラウドクレジット 。伊藤忠商事という大手資本が入っており、安心感があります。

クラウドクレジットは「社会インパクト投資宣言」を2018年6月に発表しており、今後も社会インパクト投資案件の増加が予想されます。

【宣言書】

クラウドクレジットは、社会インパクトを生み出す世界中の事業者への投資を積極的に進めます。

また、その社会インパクトを定期的、継続的にモニタリングし、その情報を公開します。

高い社会インパクトを作り出す事業者に資金が集まり、彼らが事業を拡大することによってポジティブな変化が投資先の国や地域に広まっていく。

私たちの社会インパクト投資は、こうした流れを作り出すことに貢献していきます。

出典:クラウドクレジット 2018年6月18日プレスリリース

案件例:メキシコ女性起業家支援ファンド

女性の経済的地位向上を目指し、女性起業家への貸付に注力した金融機関に出資する投資案件です。

  • 年間利回り:7.3%(メキシコペソ建て)
  • 運用期間:25ヶ月
  • 最低投資額:1万円〜

f:id:sakurA:20180807233426p:plain

クラウドクレジット は、実績・内容共にオススメできる会社のうちの一つと思います。しかも年利も他の社会インパクト投資以外を取り扱っている会社より少し高いくらいです。(通常平均的な年利は5%程度)

私もクラウドクレジットに50万円投資しています。

参考:【最新運用実績】ソーシャルレンディング実績4社比較 2017年7月〜2018年6月

2位 ネクストファンド

2018年度にさサービスが開始されたばかりのネクストシフトファンド。こちらも社会問題の解決をうたっています。国連の責任投資原則に国内クラウドファンディング事業者として初めて署名したそうです。

【国内クラウドファンディング事業者初、責任投資原則(PRI)へ署名】

ネクストシフト株式会社は、国連の責任投資原則(Principles for Responsible Investment、以下、「PRI」)に国内クラウドファンディング事業者として初めて署名しました。(※当社調べ 2018年6月時点)。

本原則は2006年当時の国際連合事務総長コフィー・アナン氏が金融業界に対して提唱した6つの投資原則となります。

国内においても、大手金融機関や年金運用機関などが本原則への署名をしております。本原則への署名により、ESG投資を含めた、社会的インパクト投資の国内での取り組みを更に普及するため努めます。

出典:NEXT SHIFT HP

案件は貧困・医療・教育問題を支援するマイクロファイナンス業者への投資が主です。

案件例:ジョージア×カンボジア マイクロファイナンスファンド

ジョージアの小規模ビジネス向けの融資業者ならびにカンボジアの農家向けの融資業者への投資案件です。

借り手は様々ですが、例として、女性の薬局経営ナタリアさんの例、コメ農家のソペアックさんの例が紹介されていました。

  • 年間利回り:7.2%(米ドル建て)
  • 運用期間:13ヶ月
  • 最低投資額:2万円〜

f:id:sakurA:20180808000558p:plain

ネクストシフトファンド(Nextshift Fund)まだ出来立てのサービスですが、社会インパクト投資についてきちんと考えており、案件ごとに社会的にどういう意味があるのかについてとても詳しく説明しているのが印象的でした。今後伸びていってほしい会社の一つです。

おわりに

 欧米ではかなり広まっている社会インパクト投資ができるソーシャルレンディング会社として、クラウドクレジット ネクストシフトファンドについて紹介しました。今後日本でもこの社会貢献もできる投資の形が広まっていくと良いですね。

 

クラウドクレジット主催の社会インパクト投資勉強会に参加した時のレポートをこちらに書いていますので、よろしければどうぞ。

クラウドクレジットの社会インパクト投資勉強会に参加しました - 30歳からはじめる生きがい探し

 

こちらの記事ではクラウドクレジットの投資成績を公開しています。

【最新運用実績】ソーシャルレンディング実績4社比較 - 30歳からはじめる生きがい探し